06
こんにちは!ふぁるこんです!
本日も休日返上で仕事をしています。

・・・・・とは言っても休日の職場は閑散としており、誘惑があちこちで飛び交っている。

案の定、フェチ精神に駆られネットサーフィンを繰り返しているのだが・・・今になって再確認したことがある。
やはり、パンティの「染み」は想像力(視覚、嗅覚)が掻き立てられ、私のような使用済み下着フェチの人間には至高の産物だということ。

ということで、今回は、見るだけで興奮必至のパンティの染みセレクションをご紹介したいと思う。

09
08

07


05


03


02


01
20
16


15


14
13
12
11

10

 

鮮度が命とも言える使用済み下着。
その中でも「染み」をそのまま味わえる機会はそうそうない。
だからこそそこに希少価値が生まれるのだと思う。「染み」にはひとつとして同じものはないのだから。

また書きます。